エメラルドブックス

神戸の古本屋エメラルドブックスのブログその1

オフホワイトエンド  

PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会―アメリカの動物権利団体)によりますと

----------
サーカスで働かされている動物たちは、したくて芸をしているのではありません。そうしなければどんな目に遭うのかという恐怖感が、彼らに芸をさせているのです。
調教師たちは、調教棒(鋭い鉤のついた棒)、さまざまなタイプのムチや杖、スタンガンなどを携えています。もしも、サーカスが動物のやる気を引き出す訓練だけで成り立つものならば、調教師たちは武器ではなく、おやつの袋を抱えていることでしょう。
ビデオに撮られた映像や、元調教師、以前サーカスで働いていた人たちの証言によれば、調教師は常に裏では暴力と虐待的な調教方法を用いています。
PETA は以下のような告発を受け取っています。
・ 口輪をつけられ、縄でつながれ、叩かれておびえきっている熊たち

(中略)

熊、猿たちは、いつも同じ窮屈でむきだしの檻の中で、睡眠、飲 食、排便、排尿のすべてをすることを強いられています。

----------

上記のビデオに撮られた映像を挙げますと



世界のボリショイサーカスですらこの有様。

サーカスってコワイですよね。


前置きが長くなりましたが本日は

170904 (1)

くまのお話です。

ジョニーくんは大きなくまを仕留めて大きな毛皮を作る予定やったんですけど

170904 (2)

出会ったのはこぐま。

170904 (3)

かわいいし懐いちゃったんで家で飼うことに。

ところが

170904 (4)

他の動物のエサを奪ったり

台所や納屋の食料を食い荒らしたり

170904 (5)

近所のマックキャロルさんのとうもろこし畑を荒らしたり、ペンネルさんの燻製を食い散らかしたり、マックリーンさんのかえでの蜜を飲み干したり、

170904 (6)

まあ1年も散々飲み食いしたおかげで立派なくまに成長したんですけど

170904 (7)

ご近所さんからいよいよクレームが。

「え?ワシ?」的くまの表情がGOOD!

でまあ泣く泣く別れることに。

170904 (8)

遠くの山においてきぼり作戦。

170904 (9)

ですが翌日にはヒョッコリ帰宅。

そんなことを数回繰り返したら、ジョニーくんのお父さんも最終手段しかないってなりますわな。

170904 (10)

しかし、それならボクがとジョニーくん。

悲壮感漂うイラスト。

バッドエンドフラグがビンビン!

170904 (11)

イロイロな思い出が去来するジョニーくん。

今日もかくれんぼかな?的のほほんくま。

切ないイラスト。

バッドエンドフラグがビンビン!

ところが

170904 (12)

くま捕獲のワナにスッポリ。

ほら、食べるのんが好きやから、おびき寄せのエサにつられてさ。

170904 (13)

そこに現れたオジサンちは

「動物園におくるんだよ。会いたくなったらいつでもおいで。」


そーして

170904 (14)

動物園で暮らすくま。

会いに行くジョニーくん。


めでたしめでたし。




ですかね?

ジョニーくんがライフルで殺さなかった時点でバッドエンドは回避しました。

さらには冒頭のサーカスやったら、これはこれで地獄が待っていたワケです。何やったらその現実を知ったジョニーくんのライフルが調教師に向きそうです。

ガガーン!

本日午前10時、サーカス調教師が少年にライフルで殺害される事件が発生しました!現場の阿部さーーーん。

ホラ、くまもジョニーくんもバッドエンド。回避できて良かったです。

さて動物園はハッピーエンドでしょうか?

そう思われる方も沢山いらっしゃるとは思いますが、結局は虐待がない(と思いたい)だけでそこそこ小さな檻と大きくはないくまエリア。

ハッピーではない!!!

結局のところ

最近風に言いますと

オフホワイトエンドやね!

って思った話でしたっと。




エメラルドブックス店長
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://emeraldbooks.blog.fc2.com/tb.php/830-478c5c24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

エメラルドブックス

最新記事

月別アーカイブ