エメラルドブックス

神戸の古本屋エメラルドブックスのブログその1

弊団体のちょっとしたお知らせ  

ガチンコ ファイトクラブ面白かったですよね。

あんなにも火曜(でしたっけ?)20時(21時でしたっけ?)が待ち遠しかったのは人生であの時だけです。

団体活動における歪み・軋轢・ギスギス・・・まあ結局アホってコトなんですけど、そーゆーのを含めて時間経過とともに何となーく団結感が生まれる、ココはあくまでも何となく、そして定期的な血肉の入れ替え、すなわち新期生を投入することで再度火種をそこここにバラまく、やっすい安い大映ドラマのような演出に釘付けでした。

団体はゴッチャゴチャしたほうが楽しいのかもしれませんね。

そして竹原さんや畑山さんにボコられて己の立ち位置を知る。

じゅーよーです!

と言うことで弊団体のちょっとしたお知らせです。


弊団体とは古本屋の謎団体「コウベボーダーズ」です。

当店を含め、ハニカムブックスさん・ワールドエンズ・ガーデンさん・トンカ書店さんの4店舗が定期的にイベントを開催したり、イベントに参加する団体です。

開催案件では都度、同年代の古本屋さんにも声をかけて参加してもらっていました。

そーゆー繋がりからこの度目出度く

元町の1003さんと、湊川の蚊帳文庫さんがボーダーズの一員となりました。

いや

ここはファイトクラブ風に2期生が登場!と言ったトコロです。

となりますとお約束の1期生と2期生の壮絶なバトルが始まるワケですね。

ワクワクドキドキ!

演出としましてはやはりミーティングの際に新たな提案に対しイチャモンを付けてほしいですね。

それも理不尽な。

最後のきめ台詞は

「ジョトダコラ!」

今ワタクシはファイトクラブが好きやなかったら全くワカラナイ話をしています。

ヤフーさんでもGOOGLEさんでも Let's 検索「ジョトダコラ」。

個人的希望といたしましては1003さんのキメ台詞として宜しくお願いしたい所存であります。



そもそも

立ち位置として竹原さんも畑山さんもTOKIOさんもいませんから

まあ結局収束が付かない団体に輪がかかると言った感じですが

ボーダーズが6店舗に増えましたよって話でしたっと。



いつか3期生を迎えたいです!




エメラルドブックス店長
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://emeraldbooks.blog.fc2.com/tb.php/789-7aac81e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

エメラルドブックス

最新記事

月別アーカイブ