エメラルドブックス

神戸の古本屋エメラルドブックスのブログその1

入荷情報  

本日は入荷情報です。

20160627 (1)

「かみひこうき」

20160627 (2)

「くらしとこめ」

20160627 (3)

「バサラ人間」

20160627 (4)

「1964-1967 アンディ・ウォーホル」

20160627 (5)

「詩への旅 詩からの旅」

などなど入荷しています。

暑いですがまだクーラーは入っていません!

それでも来てくださいね!




エメラルドブックス店長
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

徘徊記録  

昨日は無事「「神戸古本屋シティーハンター」を開催いたしました。

ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

中盤以降かなーりグダグダになりましたが、ま、それも愛嬌というヤツでお許しください。


まずは

20160624 (1)

トンカ書店さん。

集合場所のJR元町駅から徒歩3分。ラクチンラクチン。

ここから

徒歩3分のウチの前まで来て、店内に入らないっちゅう余技を炸裂させました。この場合の余技の「余」は余計の「余」ですね。

おかげで北回り順路にて

20160624 (2)

ハニカムブックスさんへ。

まあまあ暑かったんでココの10分強で体力を奪われました。

もう眠たいです。

ここからはアーケード付きで徒歩3分で

20160624 (3)

1003さん。

「ビールください!」って何度言いそうになったコトか。

一応耐え忍びました。昨日は。次回はわかりません!

そしてJRに飛び乗って灘駅を降りますと

20160624 (4)

Mバーガーさんの看板がお出迎え。

そして最終地点

20160624 (5)

ワールドエンズ・ガーデンさんへ。

じんわりと皆さんにも疲労感が漂い始めている感じです。

そしてイヨイヨ解放されるヨロコビに打ち震えながらの最終店舗。


かなーーーり仕事できない感の強いガイドのせいで、どこまで楽しんでいただけたか不安しか残らないツアーでしたが、おかげで次回に向けて一層気を引き締めようと思った・・・かも知れない・・・ワタクシです。

参加者の優しい言葉や笑顔に助けられました。

皆様ありがとうございました。




次回は7月10日の日曜日です。

昨日今日発覚した事例ですが、当店へのメールに不着がございました。

参加希望、質問等で送信後24時間以上経過しても返信がない場合は不着の可能性がヒジョーに高いです。

お手数ですが再度送信していただくか、お電話をいただくかの対応をお願いいたします。




エメラルドブックス店長

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

神戸古本屋シティーハンター  

たまごサンドとコーヒーのモーニングを食べました。

美味しかったです。




おわり。




ではなくてですね、例の概要のみしか決まっていなかった「(仮)神戸古本屋ツアー」の内容をモーニングをしながら精査してきましたよ。

正式タイトルは

20160618 (1)

ちょっとしたフリップ芸の上

「神戸古本屋シティーハンター」に決定しました!

シティの後に「-」がいるのか要らないのかで迷いましたが、皆さんが思い浮かべるアレは「-」が明記されていたので「-」付きにしておきました。

今回のツアーでの皆さんの役どころは「ハンター」です。

タイトルからすると、おしゃれなスパイ寸劇を想像されるかもしれませんが、実際は「またぎ」です。

20160618 (2)

参加者には猟銃・空気銃所持許可証をお渡しいたします。

20160618 (3)

氏名だけはお書入れ下さいね。

さてコレをどうするかと言いますと

参加記念代わりに、各店舗にて1頭(匹)の動物をハントしていただきます。

ハント方法はまだ決まっていませんが、サイコロの出目によってとかって言う簡単な感じです。

例えばサイコロをふって出目が「4」なら、「4は豚でーす!」みたいなヤツですね。

その豚を

あるいは熊を

20160618 (4)

各店主が即興で描きいれる!

鹿とか

イノシシとかを

20160618 (5)

描きいれる!


この世に1冊だけのあなたのハンティング手帳が出来上がる!って言う寸法です。


同じ動物でも店主が違えば、違う動物みたいになるかも知れませんよね。

動物は現在選別中です。



と言うことで

「神戸古本屋シティーハンター」

6月23日(木)

参加費用500円

(元町~灘間の交通費もかかります)

最少催行人数5名

最大催行人数9名

参加はゼヒおひとり様でお願いします。全員がおひとり様やとそれはそれで安心でしょ!

13時JR元町駅前集合(18時までには終わります)
20160618_6.jpg
JR元町駅東口の北側出口の「セブンイレブン」看板前集合!

特典:各店舗にて500円以上の購入で100円の割引が受けれます。

特典:動物をハントできます!

特典:各店舗よりお土産ならぬ粗土産がでます!

特典:最終店舗ワールドエンズ・ガーデンさんでハント成果報告会付き。
購入した本や、ハントした動物を参加者同士で見せびらかす会です。

ウチは次回ご来店の際に使用できる100円割引券を贈呈。

ドレスコード:ボーダー柄衣類着用のコト。

参加費の500円はお釣りの出ないようご用意ください。


参加店舗

トンカ書店さん、ハニカムブックスさん、1003さん、ワールドエンズ・ガーデンさん。





ご質問、ご予約は

emeraldbooks@live.jp

まで。

各店舗での受け付けはしていません。

お名前、携帯電話番号を明記の上ご応募ください。先着順です。簡単な事前アンケートがありますので、ご応募は必ずメールにてお願いいたします。

最終締め切り日は6月22日(水)正午です。



できれば月1開催を目論んでいます。

次回は7月10日の日曜日です。

「神戸古本屋シティーハンター:日曜プレミアム」は内容に大差はございませんが参加費が800円となります。

コチラも受付を開始します。




いずれも規定人数に達した時点で受け付け終了となります。ご了承ください。



各店舗それぞれの特色のある本を選ぶのはモチロン、いつもと違う店主さんに出会えるチャンスやと思います。

ご興味のある方はゼヒ!




エメラルドブックス店長

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

神戸の味  

みんな大好きカラーブックスの

20160617 (1)

「神戸の味」の奥付を見てみますと

20160617 (2)

発行が昭和49年なんですよね。

あ!同い年やんって言う親近感!

ワタクシがオギャーオギャー言うてたコロの神戸にはどんなお店があったのか気になりますよね。


パラパラ眺めていますと、お馴染みのお店もいっぱい載っています。

「フロインドリーブ」さんとか「ドンク」さんとか「ゲイロード」さんとか「老祥記」さんとか。

老舗ってるねぇと思うと

イコール

ワタクシももう老境なんだなとフト思いました。

大正時代辺りの小説などでは、40男を初老の男と多々記してあるんだから、まあそうなんでしょうね。


そんな初老の男がピタッと手を止めたページをいくつか。

20160617 (3)

まずは三宮界隈の地図ですね。

「新聞会館」が懐かしいですね。

よく見ると「フロインドリーブ」さんと「バラライカ」さんは現在とは違う場所なんですね。

20160617 (4)

で、当時はまだ「生田区」の時代なんですね。

「生田区」とか「葺合区」とかの方がええ響きなのにもったいないですね。

20160617 (5)

地図の左の方の「ピノッキオ」さんも老舗なんですね。

もう20年近く前になるんですかね?嫁さんと付き合いだした頃に行きましたよ。

懐かしいですね。

20160617 (6)

元町界隈になりますと、「群愛飯店」さんの場所が違いますね。

さらには元町駅北側NOW鯉川筋は当時は穴門筋やったんですね。

ずいぶんパワーダウンしましたね、穴門筋!



さてワタクシは実年齢より比較的若く見積もられるようです。

ウレシイも嬉しくないも、相手次第ですよね。

お商売柄若く見られると、ものすごーーーく軽んじて扱われることがあるんですけど、まあ軽いお店なんでええんですけど、それにそーゆー態度のおじさん(9割がた小難しそうな顔をしたおじさん)は、まあコッチも正直キライなんで心の中でお互いの気持ちを混ぜ合わせればプラスマイナス0になるんで、そうすれば精神衛生上とってもええんですよね。

今でも多少若く見られるちゅうコトは、若い時はそらもうツルツルの少年みたいに見えていたハズなんですよ。

もう時効の話ですが、ビールが大好きです!

ってのはそうですね、高校生の頃からでしょうか・・・。

ワタクシの人生にには何のベテラン感もありませんが、ビールだけはベテランです。

当時はビールの初心者でしたが志だけは高くてですねぇ、ツルツルの少年みたいな高校生のワタクシがものすごーーーく気に入っていたお店が

20160617 (9)

「キングスアームス」さん!

圧倒的大人感!

ここにツルツルの少年みたいな高校生のワタクシ。

客観的に見たらギャップ萌えで、もう愛おしいですよ。

ぜーーーったい、お店の人も心の中で

「こっ、子供が来た!!!」

って思っていたハズ。

正解です!

が、

ちゃんと1人のお客さんとして扱ってくれることが嬉しかったんですよね。

でもその目の奥には「コッチはお客さんとして扱うんやから、迷惑はかけるなよ!」と言ったキゼンとした圧力もありました。

おかげでハメを外すことも、泥酔することもなく、気持ちのいい時間を過ごさせて頂きましたよ。

懐かしいなぁー。




エメラルドブックス店長

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

ももたろう考  

日本の最大最高のヒーローと言えば

20160612 (1)

「ももたろうさん」ですよね!

ワタクシは仮面ライダーが大好きですが、やっぱり土着度、安心感、定期感・・・すべてにおいて「ももたろうさん」が一歩上ですよね。

まあ電王時代は若干「むうう」と唸ってしまいましたが、やっぱり1年交代のライダーさんより「ももたろうさん」のほうが決定的ヒーロー感は強いワケですよね。

ワタクシは「ももたろう」を研究しています。

もっすごーーーくフワーーーッとですが、研究対象としてはなかなかの御仁ではありませんか。

皆さん流しすぎなんですけど

そもそも

桃から生まれてくるんですよ!

レベル的にはお父さんの存在しないキリストさんより上!

圧倒的に上!

キリストさんも、尚且つウサギさんから生まれましたとかならまだしも、お母さんは人間であることが確定していることを思えば、桃の花の雄蕊と雌蕊がなんちゃらかんちゃらで生まれた可能性が高い「ももたろうさん」はやっぱり絶対的圧倒的な孤高な存在なワケですよ。


イロイロと「ももたろうさん」を研究していて最近よくよく考えると

「ももたろうさん」の増殖ってできんじゃね?

そしてそれでええ商売ができんじゃね?

って結論にたどり着きました。

20160612 (3)

大体こんな感じですよね、おばあさんが桃を割ったシーンって。

よくよく考えますと桃の皮ってペラペラなんで、桃の形を保つためにはその分厚い実がいるワケですよ。

20160612 (4)

実がないと桃もペシャペシャでしょ。

つーコトはですね

20160612 (5)

そもそも「ももたろうさん」は種なんですよ、種。

ですので

ココは心を鬼にして

って

仇やっちゅうねん

って軽いツッコミをいれつつ

20160612 (6)

土に埋めちゃいましょう!

そうして時折水などをやっていますと

20160612 (7)

やがて芽が出て

いつしか

20160612 (8)

立派な桃の木に成長しますよね。

ココまでくればこの計画はもう成功したも同然!

やがて

20160612 (9)

枝々にたわわに実る桃の実。

そうです!

コレがすべて「ももたろうさん」なんです!



ももたろう軍団派遣いたします!

鬼、妖怪、魑魅魍魎等々ももたろう軍団が一切退治!

分隊(ももたろう10人)日当8000円×10=80000円

一個小隊(同40人)320000円

中隊(同80人)640000円

大隊(同320人)2560000円

連隊(同1280人)10240000円

一個旅団(同2560人)20480000円

師団(同5120人)40960000円

但し、指揮班別料金(班込師団総数約20000人)

その他、犬、猿、雉にも日当が発生。



と言うわけで

ものすごーーーく、ええ商売がなりたちそうですよね!


今年の夏は積極的に川方面に繰り出そうかと思います。


桃栗三年柿八年。

三年後には金持ちです。

ワッハッハ!




エメラルドブックス店長

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

入荷情報  

本日も入荷情報です。

160611 (1)

「ちきゅう」

160611 (2)

「ママお話しきかせて 夏の理科童話」

160611 (3)

「歯みがきつくって億万長者」

160611 (4)

「暮らしのアイデア帖」

160611 (5)

「ALL TOGETHER NOW」

などなど入荷しています。

お時間がございましたら是非お立ち寄りください。




エメラルドブックス店長

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

入荷情報  

本日は入荷情報です。

20160610 (1)

「いっぱいやさいさん」

20160610 (2)

「うさちゃんたいへん」

20160610 (3)

「プチ・ニコラのヴァカンス」

20160610 (4)

「ずらり料理上手の台所 その2」

20160610 (5)


「PARIS IN STORE」

などなど入荷しています。

ゼヒゼヒお立ち寄りくださいませ。




エメラルドブックス店長

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

とりあえずザックリとした告知なんで上手く伝わらないと思いますが6月23日に神戸の古本屋さんを巡る企画がありますよって告知  

6月23日の木曜日にお暇がある方に朗報です!

この日にボーダーズ企画「古本屋ツアー」を開催します!

以前ですね、例のボーダーズでおしゃべりをしている時に案として「古本屋ツアーいいよね!」「ガイドしてくれる人おらへんかな?」的な話があったんですよね。

結局白羽の矢が立つガイドさんがいなかったんでお話はそこで終わっていたんですけど

3週間ほど前から当店は週休2日制を導入しました。

最初の2週は、珍しく出歩いたりして楽しく過ごしたんですけど

先週の木曜日に

「むうう・・・、ヒマや・・・。」

と気づいたんですよね、ワタクシったら。

そして

「あれ?この日を利用して巡れるんじゃね?ワタクシがガイドをしたら!」

ってコトで

6月23日の木曜日は「神戸の古本屋ツアー」が開催されるワケでございます。


トンカ書店さん→ハニカムブックスさん→1003さん→ワールドエンズ・ガーデンさんを半日かけて巡ります。

ガイドはエメラルドブックスの人です。

ウチは定休日なんでツアーには入っていません。


正直内容は現在精査中です。

厳しくない当事者の目で。


ですが、そこはホラ、気心の知れた店舗を巡るワケですので、お客さんにもいつもとは違う各店主の雰囲気や、ちょっとしたトークを楽しんで頂こうと画策しています。

ご案内して、ハイここでーす!どーぞー本見てください!はい時間でーす!次行きますよー!的なモノとはずいぶん違う、お客さんとお店、店主の距離がググッと近くなる雰囲気で開催します。

普段聞けない本のコト、本屋のコト、プライベートなコトなども聞ける機会です!

楽しいですよー!



「(仮)神戸古本屋ツアー」

6月23日(木)

参加費用500円

(元町~灘間の交通費もかかります)

最少催行人数5名

最大最高人数9名

(5名に満たない場合は中止となります)

参加はゼヒおひとり様でお願いします。全員がおひとり様やとそれはそれで安心でしょ!

13時JR元町駅前集合(18時までには終わります)

特典:各店舗にて500円以上の購入で100円の割引が受けれます。

ウチはご来店の際に使用できる100円割引券を贈呈。

ドレスコード:ボーダー柄衣類着用のコト。




ご質問、ご予約は

emeraldbooks@live.jp

まで。

各店舗での受け付けはしていません。

お名前、携帯電話番号を明記の上ご応募ください。先着順です。簡単な事前アンケートがありますので、ご応募は必ずメールにてお願いいたします。



ツアー企画は毎月の恒例行事にしていく方向で考えています。

イロイロしてみたいことはありますが

まだまとまっていません。

随時報告していきたいと思います。


結局のところ、こーゆーゆるーい雰囲気を楽しんでくださいねってコトかも知れませんね。

宜しくお願いします。




エメラルドブックス店長

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

入荷情報  

本日は入荷情報です。

20160603 (1)

「きこえる きこえる なつのおと」

20160603 (2)

「平野レミのサラダブック」

20160603 (3)

「土産土法の酒造り」

20160603 (4)

「風土」

20160603 (5)

「花のこころ」

などなど入荷しています。

6月もよろしくお願いします!




エメラルドブックス店長

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

エメラルドブックス

最新記事

月別アーカイブ