エメラルドブックス

神戸の古本屋エメラルドブックスのブログその1

なんかちょっとちゃう感じのサンドイッチ報告  

googleで「サンドイッチ」って画像検索するじゃないですか。

すると

20160428a.jpg

まあ誰もが思い浮かべる、所謂サンドイッチが出てくるんですよね。

でも今日ワタクシが目撃したサンドイッチは、なんかちょっとちゃう感じのヤツやったんです。

本日は、なんかちょっとちょう感じのサンドイッチ報告です。


お店の軽食でサンドイッチとか出したらどうやろか?

と言う何気ない思い付きで手にしましたのが

20160428 (1)

あの飯田深雪さんの「サンドイッチ」。

めくりますと目次とか前書きみたいなのがあって

20160428 (2)

初めてサンドイッチ写真が登場するのは11項目。

まあ普通ですよね。初版で言えば昭和44年なので、まあ妥当な線からのスタートです。



舌の根も乾かない15項目ですでに

20160428 (3)

え?え?え?

なんかちょっとちゃう感じですやん!

20160428 (4)

牡蠣???

生牡蠣をライブレッド(あくまでもライ麦パンではない!)と食すオイスターサンドイッチ!

なんかちょっとちゃう感じですよね。


気を取り直してパラパラしていますと

20160428 (5)

にわかに注目される市松模様も!

20160428b.jpg

2020版としてエンブレムサンドイッチもこの際作ってはどうでしょうかね?


そしてさらに項を進めますと

20160428 (6)

揚げよったで!

フライドサンドイッチ!

なんかちょっとちゃう感じですよね。


20160428 (7)

ロシア風サンドイッチ。

具材は牛タンとかキャビアとか酢漬けのニシンとか・・・。

なんかちょっとちゃう感じですよね。


20160428 (8)

晴れの卒業祝いにはロールサンドイッチ。

リボンの小技が効いていますね!

なんかちょっとちゃう感じですよね。


20160428 (9)

パンの家。

なんかちょっとちゃう感じですよね。


20160428 (10)

ケーキ風。

なんかちょっとちゃう感じですよね。


20160428 (11)

もうコレに至っては耳の部分をトレイ代わりにしていますからね。

しかも中身はカニサラダですって。

サンドやあらへん!

なんかちょっとちゃう感じですよね。


20160428 (12)

そうかと思えば一転、トレイの中身がサンドイッチバージョン!

やればできるやないか!

と褒めたいところですが

なんかちょっとちゃう感じですよね。


ちゅうサンドイッチの新しい側面(古い本なんですけどね)を垣間見て、思い付きでポンと出せるもんやないなぁって思った次第です。

サンドイッチの世界は奥深いですね。




エメラルドブックス店長
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

告知の時間  

オープン以来時折、雑誌などに取材をしていただく機会があります。

ありがたい話ですが、「これに載りました」って言う告知は気恥ずかしさも手伝って一切したことがありません。

ま、どこかでダレかが見てくれたら嬉しいなぁ位のスタンスは最早ポリシーのようでもありましたが

4年目にしてそんな気恥ずかしさやポリシーとサヨナラです。


現在こうひょ・・・、開催中の「ロマンブック街道周遊6か国」ですが、ワタクシの手落ちから告知に少々難ありの状況に陥りました。

↑好評って書こうとしたんですが、一旦止めときますね。

今日から好評に何とか軌道修正をしようとガンバろうかと思います。


そこで、今日は大々的に「これに載りました」って言う告知をしていこうかと思います。

コレにより、謎集団の謎イベントの格が少しは上がるであろうと言う思惑タップリです。

まずは先日は

20160423 (1)

神戸新聞さんに載りました!

「古書の世界巡ろう」はピッタリなコピーですね。

ありがとう、神戸新聞さん!


そして


Lマガジンのウェブ版Lmaga.jpさんに載りました!

↑青い箇所がリンク先。(http://www.lmaga.jp/news/2016/04/10024/

記事内の

>本屋らしからぬ外観だったり、言うならば少々入りづらい店構えなのだが

コレは、まあ、ウチですね、ウチ、エヘヘ。


ね。でもこれでハードルは下がったはず。

ありがとう、Lmaga.jpさん!

そして

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160420-00010024-lmaga-l28

同記事はヤフーさんにも載りました!


さらに先日発売された

20160423 (2)

「歩いてめぐる 神戸本」。

これはなかなかの扱いですよ。

20160423 (3)

ほら!ボーダーズ特集!見開きで!

20160423 (4)

個人的には「インディペンデント」って何?って感じなんですが、なんかオシャレな扱いなんですかね?

ありがたいんですけど、ウチに関しては全然そーゆートコロとは無縁なんで残念です。

モチロン記事の最後で「ロマンブック街道周遊6か国」の宣伝もしていただいています。

ありがとう、神戸本さん!



これだけ立て続けに掲載していただけて感謝感激です。

謎集団の謎イベントが意外とキチンとしたもんやなって思っていただけるとありがたいものです。

「ロマンブック街道周遊6か国」は5月8日まで!

宜しくお願いします!




追記

あ、忘れていました。むしろコレが書きたかったんですよ。

先日「ロマンブック街道周遊6か国」関連のオファーをいただいたんですよ。

でも1人やと寂しいし、緊張するやないですか。

なので


もうこの時点で「断っても無駄やで」感を出しつつ

ワタクシは電話を手にしましたよ。

結果


えーっとですね、今度ボーダーズでラジオ出演しますって話です。

詳しくはまたいずれ。

また巻き込んでしまいました。

こーゆのを「振り回す」って言うんですかね?

ま、いいですよね。




エメラルドブックス店長

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

旅人へ  

いよいよ明日から「ロマンブック街道周遊6か国」が始まります。

正直ワタクシの手落ちで告知に不備・問題が発生しています。

知っている人は、知らない人3人に言わな、不幸の手紙が送られる的都市伝説を流布していただきたいトコロです。

知っている人、宜しくお願いします!


さてパスポートの件で皆様に最終ご案内ですが

期間前申請の各国国民の皆様も、一般パスポートを手にする皆様にも共通のルールなのですが

20160415.jpg

縦4.5×横3.5cmの証明写真が必要です。

と言うとかなりハードルが上がっちゃいそうなので、イラスト等でもOKです。

パスポートに直接描いていただいても、予め縦4.5×横3.5cmでご用意いただいたものをペタリと貼っていただいてもOKです。

証明写真、自署による氏名の表記がないのもはパスポートの不備として、逮捕拘留あるいは国外退去等の判断が下される場合があります。

その点ご留意くださいませ。


旅人の皆様に於かれましては、楽しい6か国周遊となることを願っております。

パスポートの準備だけはぬかりなく!!!




エメラルドブックス店長

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

制作の現場  

昨日で「ロマンブック街道周遊6か国」のパスポート期間前申請が終了しました。

申請をいただいた皆様、本当にありがとうございます。

ちょっと、まあ、変な感じのイベントですが楽しんで頂ければ幸いです。



さて

ここからはワタクシの出番です。

パスポート制作作業が待っています。

地味ーーーぃな内職です。


完成系パスポートは


こんな感じです。

前にも言いましたけど、あくまでも古本屋のおっちゃんの手作りにしたらまあまあのできやと思います。

自分で言うのもなんなんですがね。


作り方は至って簡単。

まずは

20160411 (1)

A4用紙に4項分を一気にプリントアウト。

20160411 (2)

を上下で半分にカット。

20160411 (5)

を2つ折りにして

20160411 (3)

重ねて、間にもう1枚茶色の紙を挟んで、真ん中をホチキスでパチンと止めれば、あらよ一巻の完成。

簡単ですよね。

上下半分に1回カットするだけですからね。

こーゆー時に大活躍するのは

20160411_6.jpg

押切りですよね。

スパンスパン行っちゃえるんですよ、スパンスパン。

楽ちんにも程があります。

なーーーんも考えずに、ただガイドラインに沿ってスパンスパン!

おかげで

20160411 (4)

うわぁああああああ!!!

ちゃうやん、ちゃうやん!!!

ココは切ったらあかんトコですやん!!!



よ~~~し!作るぞぉ!

って意気込んで最初の1枚目がコレやった日にはやる気もなくなるっちゅうモンですよね。

そんな4月11日の夕刻です。




エメラルドブックス店長

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

10 books for 1 drink   

エメラルドブックスでは本の買い取りは行っていませんが、本10冊でドリンク1杯が無料となるサービスのポイントカードがございます。

1冊1ポイントで、10ポイントごとにドリンク1杯が無料となります。



当店は偏重セレクト型古本屋ですので、思いっきり偏った選書が特徴ですが、それでもやはり多少なりとも汎用性も兼ね備えたていたいと言う矛盾の気持ちもあるワケなんです。

ところがワタクシは偏った人間でありますから、自分の枠から中々はみ出たチョイスが出来ません。

そこで皆様のチョイスが当店のお店づくりに大変お役に立つと言うコトなのです。


ご来店頂ければ、大雑把にでも当店の方向性、趣味趣向が垣間見えるかと思います。

その上で

んー、まぁ、合わんでもないか・・・

くらいのノリでご不用の本をお持ちいただければOKです。

初見での持ち込みはちょっと危険が危ないかもしれません。

あまーりにも当店に似合わない本は、貴重な本であってもご遠慮させていただきます。


大まかな方向性は

絵本、児童書、世界、美術・芸術、写真、古典芸能、純文学、食

などなどです。

特に2000年以前に発行された絵本は大歓迎です。



文庫本はおまとめポイントになる場合が多いです。

雑誌、漫画は基本的にポイントが付かない場合が多いです。

また当店はコンディション重視ですので、状態によりポイントの増減があります。



お客さんの大切な本を、新たに大切にしていただける方に橋渡しができれば幸いです。

宜しくお願いします。




(ほぼほぼコピペの告知ですがよろしくお願いします)




エメラルドブックス店長

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

エメラルドブックス

最新記事

月別アーカイブ