エメラルドブックス

神戸の古本屋エメラルドブックスのブログその1

未だ見ぬアラブ・アラビア  

大砂嵐金太郎が幕内力士に昇進しました。

ん?

興味ない?

ま、ま、そう言わんと・・・

何せエジプト出身、アフリカ大陸出身の初の幕内力士。

コレを快挙と言わずして何を快挙といいますか!!!

バッシ!バッシ!(あ、コーフンして机を叩く音ね)

文化の乗り越え度がハンパないのですよ。

なにせ来場所は3日目以降がラマダン!

日中飲食禁止!っていう例のアレね。

おいおい、場所中に倒れないか?だいじょーぶか?と、いう声を声援に、力に変えて土俵で暴れていただきたい。

うぅ、楽しみ楽しみ。




話は急激急速に変わっちゃうのだけど、あの未曾有の大災害となった東日本大震災。

その後報告された「海外から日赤への義援金 」金額順位TOP3が米国、台湾、タイと国力、親日具合から判断できる順位ですが、第4位がオマーン。

正直、サッカー日本代表戦くらいでしか馴染みのない中東の国。

何故オマーン???

しかしそこには大いなる真実が!

ワタクシも知らなかったのだけど、80年ほど前に当時のオマーン元国王が日本人女性しかも神戸在住、神戸税関勤務の大山清子にひとめぼれ。

モーレツアタック(古い!)の末、2人は結ばれたのでした。

2人の娘、ブサイナ王女はオマーンにて今もご健在。

なるほどそりゃあ縁深いワケでありますね。

まだまだ知らないことが沢山ございますね。

とくにアラブ・アラビア世界は知らないことが盛りだくさん。




ということで

20130531 (1)

「アラビアの王様と王妃たち」

20130531 (2)

「アラブの世界」

とかでお勉強をしましょう。

ワタクシはまずアラブとアラビアの違いを知りたい・・・。




エメラルドブックス店長
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

入荷情報  

本日は入荷した古書の紹介であります。

20130530 (1)

「ハバードばあさんといぬ」

犬が愛きょうタップリ。

7項という早い段階で「しんでた」のでワタクシびびたよ。

20130530 (2)

「アルバートのアルファベット」

知恵は生きているに使え!と言わんばかりの仕事っぷりが最高です。

20130530 (3)

「暮らしのヒント集」

心と暮らしがちょっぴり豊かになります。

そのちょっぴりが、とてもちょうど良い。

20130530 (4)

「ぬいぐるみさんとの暮らし方」

犬を飼う際に犬のガイド、熱帯魚を飼う際に熱帯魚のガイド、フクロモモンガを飼う際にフクロモモンガのガイドを一読するようにぬいぐるみを飼う(あくまでも飼うだよ。買うではないよ)際に絶対に読むべきガイドです。

本気とユーモアのちょうど良い、いや、むしろちょっとぶっ飛んじゃってるのだけど、あなたとぬいぐるみの間に新しい信頼関係が結ばれること受け合いのステキすぐる本であります。


他にも多数入荷しています。

神戸西元町へお越しの際は是非エメラルドブックスへお越しください。




エメラルドブックス店長

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

2か月!  

本日は5月の28日。

エメラルドブックスがオープンしてちょうど2カ月となりました。

日々精進を忘れず、ちびっとちびっとずつでも歩いて行ければと思っています。


そして、ちびっとちびっとずつですが入荷もございます。

20130528 (1)

「びょうきのほん 1巻」

おたふくかぜとか、水ぼうそうとか、ぼうこうえんのことが詳しく分かります。

20130528 (2)

「しょうぼうねこ」

消防署ファン、あるいはねこファンにはたまらないハズです。

20130528 (3)

「日本の伝統 いけばな」

和の心。

20130528 (4)

「新しい和紙人形」

和の心、ふたたび。

20130528 (5)

「ニャロメのおもしろ将棋入門」

みたび和の心。

コチラは赤塚ファンにはたまらない

20130528 (6)

結構色んなキャラが総登場。


などなどエメラルドブックスは、少し懐かしい本を各種取り揃えております。

まだまだオープン2か月で足りないものだらけですが、優しく見守って下さい。

あるいはむしろ褒めてください。

褒められると伸びるタイプだから。

あぁ、褒めれたいったら褒められたいっ!

うぅ、こんなコトは強要するコトではないな・・・。


明日、水曜日は定休日です。

また木曜日にお会いしましょう。




エメラルドブックス店長

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

あの時サチ子は泣いていた  

本日入荷の古書から気になったコトをツラツラと・・・。

20130527 (1)

「お料理しましょう お菓子編」

当店の現物は平成8年の25版ですが、初版は昭和46年。

さすがに

20130527 (2)

「草だんご」や

20130527 (3)

「練りくずのあんみつ」など時代に相応しい感たっぷりのメニューもあるのですが

ときおり

20130527 (4)

「ガトー ナポリティーヌ」とか

20130527 (5)

「ウー シュールプリーズ」とか

20130527 (6)

「ビスキュイ ルーレー」とか

20130527 (7)

「フレーズ ア ラ サボワイヤード」とか

途中で舌を噛みそうなオサレな言い回しがでてくるのです。


昭和46年といえば、海外旅行の自由化からまだ10年もたっていない海外は羨望の時代。

当時の旅行代金は、現在の価格にして約300万円!

そんな時代に英語ならまだしも、まさかのフランス語。

よくは知らないのだけど、多分当時の子供たちのフランスに関する知識は

20130527_9.gif

「シェー」のイヤミのみ(のハズ、違ったらゴミン)。


コレはなかなか攻撃的布陣のお菓子本。

攻撃力が高すぎて、禁断の返し技を食らうパターンがみえみえなのです。


だってさ、昭和46年に小学校の教室でおもむろにサチ子9歳あたりが

「昨日さぁ、フレーズ ア ラ サボワイヤード作ったのぉ。」

とか言った日にゃあ、あーた、

教室がにわかにざわつきますよ、あーた。


ガキ大将のヒロシ同じく9歳あたりなんかは

「なんだ、サチ子のヤロー、気取ってんじゃあねぇぞ!お前スネ夫か!」

なんてコトになって

サチ子はイヤミスネ子なんてあだ名が付けられちゃったハズなのだ。


うぅ、そう考えるとなんとも恐ろしく罪作りな本なのでございます。

ワタクシは昭和46年のサチ子のことを思うと激しく胸が熱くなるのでした・・・。


サチ子涙し、ワタクシ胸熱の「お料理しましょう」は西元町エメラルドブックスにてあなたをお待ちしています。




エメラルドブックス店長

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

特等席  

本日は神戸の中心にございます、湊川神社の楠公武者行列の日でございました。

かの楠木正成とその一族が祀られている神社によります、武者装束の行列でございます。

湊川、新開地、ハーバーランド、栄町などを練り歩き、エメラルドブックスのございます元町商店街にも登場でございます。

20130526.jpg

おごそかな太鼓やら

20130526_2.jpg

おごそかな幟やら

20130526_3.jpg

武者やら

20130526_4.jpg

豪華絢爛な神輿やら

約1時間にわたり行列が続くのです。

そしてエメラルドブックスは2階カウンターごしに、アイスコーヒーなどをすすりながらゆっくり見物ができるのです。

密かな特等席。

しかーし、カウンターは6席なので結構早い者勝ち。

本日は見事に満席と相成り、お客様と行列を見物いたしました。

来年はゼヒ当店で見物してみてください。

6席なのだけど・・・。




エメラルドブックス店長

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

のぞく  

のぞきたい!

「きゃあ!ヘンタイ!」

とか言われたって困るのだ。

のぞきたいのだから。

仕方がないのです。

ツーホーしちゃあダメだよ。

内緒だよ。

そうだ。

いっしょにのぞいちゃうか。

うんうん、そーかそーか。

ではでは

20130525 (1)

「鬼太郎&妖怪大図解」

まぁコレが、ものの見事にのぞけるのですよ。

20130525 (2)

体の中身が。

20130525 (3)

おとうさんにいたっては、小さな目玉の中に、地獄テレビやらコンピュータやらが内蔵された半ロボ状態。

ちょっとしたウォーズマンみたいなのだ。

腐ったお父さん本体から、ニュルリンと落ちた目玉のハズがいつのまにこのような改造を施されたのか・・・。

謎は深まるばかり・・・。


その他にも、有名妖怪をたっぷりのぞけます。

のぞきすぎて鼻血をだしちゃあダメだよ。




エメラルドブックス店長

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

原子とは・・・  

理科は苦手でした。

子供心に

「嗜好品的教科なのでキライです」

といった姿勢で臨んでおりました。

コーヒーやお酒に好き嫌いがあり、それが許される嗜好品。

好きな人はトコトン好きだし、嫌いな人はトコトン嫌い。

嗜好品とは素晴らしい。

故に理科は嗜好品であり、且つワタクシはキライなのだ。

それでイイのだと確実に勘違いをしておりました。


ですので、本日は原子のお勉強をしてみたワケであります。

20130524 (1)

「もしも原子がみえたなら」

20130524 (2)

さすがに子供にも分かりやすいように

20130524 (3)

イラストもふんだんに使用

20130524 (4)

はぁ~・・・。

なるほど。

原子が集まると分子になるのだね・・・。

20130524 (5)

「!!!」

「こ!これは!」

「あれだ!アレ!ほら、例の」

20130524_8.jpg

田舎のばーちゃん家の水屋あたりに必ず常備待機しておりますところの「鶯ボール」。

20130524_9.jpg

間違いない!


そーか、そーか。

水の分子は鶯ボールだったのだね。

なーるーほーどー。


てな具合に結局やっぱり理科は苦手なワケなのです。




エメラルドブックス店長

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

入荷情報  

本日もチラホラリと古書入荷がございます。

20130523 (1)

「いわさきちひろ作品集 / ぎんいろの童画集」

20130523 (2)

「金のニワトリ」

20130523 (3)

「きりしたん算用記」

20130523 (4)

「モーツァルトとの旅」

などなど・・・。

やわらかいモノからかたいモノまで、まだまだ入荷はございます。


エメラルドブックスは西元町と、少々不便な場所にございますがゼヒゼヒお立ち寄りいただければ嬉しく思います。




エメラルドブックス店長

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

冒険とはかくも恐ろしき  

男は皆冒険家なのです。



彼は冒険野郎マクガイバー。

懐かしいですね。

80年代後半のヒーローなのです。

拳銃を使わず、身の回りの材料とアイデアでピンチを脱するエージェント。

2008年には放送終了から15年以上経っているにも拘らず、「アメリカの最もタフな主役」にあのジャック・バウアーを抑えて1位に輝いた男なのです。

さすが冒険野郎なのです。

ワタクシも憧れております。

ですのでワタクシも冒険をするのです。

男は冒険してナンボなのです。

20130521 (1)

この「冒険図鑑」、すでに誰かと冒険をしてきたようでコンディションもそれなりですが、それが冒険というものなのだ。

恐ろしい言い訳・・・。

20130521 (2)

しかしこれでワタクシは「かまど」も設置できるし

20130521 (3)

干物も作れるし

20130521 (4)

昆虫や動物も食べれるし

20130521 (5)

有事の際は薬草に頼ることもできるのです。

ハッハッハ。

さあこい!冒険!

なんて思いながらフト裏表紙を見ると

20130521 (6)

あわわわわ・・・。

なんだこの少年は!

何があったのですか!???

コワイ人に命令されたのですか???

ナゼ小枝みたいなものを目の上下に刺しているのですか???

ナゼ葉っぱを咥えているのですか???

バットマンの新しい敵ですか???

それならばヒース・レジャーが適役そうですが・・・、もう無理です。

おかっぱ頭にボタンダウンシャツな感じからは、え~とこのお坊ちゃんのようですが、いったいいったい何が!???

もしやコレが本当の冒険なのですか???

うぅ・・・、それならばワタクシは冒険などしたくないっ!!!

やはり冒険とはかくも恐ろしき・・・。




エメラルドブックス店長

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

レミさんっ!!!  

福音館の「わくわくにんげん/かがくのとも」シリーズにこんなのがあったのね。

20130520 (1)

「ひもほうちょうもつかわない 平野レミの おりょうりブック」

ワタクシ知らなかった。

レミさんのお料理が「かがく」的に解剖されるのですね。

ワクワク。

20130520 (2)

おぉ。

TKGこと「たまごごはん」。

たまごの上手なわり方を解剖してくれています。

20130520 (3)

あぁ、「しらすごはん」ね。

のせるだけ。

解剖のしようがナイ・・・ね・・・。

20130520 (4)

うぅ、コレは問題だ。

大問題だ。

まさかの「マヨネーズごはん」。

解剖うんぬんよりも、コレはナシじゃね?

あり?

うそん?

ナシだって。

「仁藤攻介かっ!!!」

ってツッコミを入れたところで、果たして分かる人がいるのかどうか・・・。

あぁジレンマ・・・。

マヨネーズごはんイヤだよぉ。

コワイよぉ。


レミさんは、なかなか罪つくりじゃのう。




エメラルドブックス店長

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

クリナラ  

本日は雑貨のご紹介。

20130519.jpg

Rorstrand/ロールストランドのKulinara/クリナラ柄の蓋付ジャー。

ゴムパッキンで密封できるので、食品やコーヒー豆、茶葉などにピッタリ。

コケモモ、ブルーベリー、アサツキ、パセリなどスウェーデンの食卓を彩る旬の食材が一面に描かれたKulinara/クリナラ柄は見ているだけでHAPPYになれそうな雰囲気です。

Rorstrand/ロールストランドは1726年創業のスウェーデン王室御用達ブランド。

ノーベル賞後の晩餐会では同社の食器が使用されているのですよ。

由緒正しさ100%!!!

キッチンまわりのマスコット的存在にオススメです。




エメラルドブックス店長

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

くさる  

気がつけば夏はもう目の前。

「あ!」っちゅうまに、蝉がミンミン、鳩が早朝に2段階音程でホーホー、ホッホーと鳴き、ビールの消費量が・・・、あ、コレは変わらないネ、いつだってヘビー呑んでる人だから・・・、まぁ、そんな季節になっちゃうワケなのだな。

そうなるとにわかに各家庭で問題となってきますのが

そう

20130517 (1)

「くさる」

ですね。

おぉ、これはイヤだ。

しかしそんな「くさる」を優しく丁寧かつ「かがく」的に解剖および解説してくれる本書の出来が秀逸なのであります。

20130517 (2)

物語は「くさいよぉ」から始まるのは当然ですが

20130517 (3)

実をつけた木々

この辺りの展開は何となく想像もつきましょうが

20130517 (4)

かいじゅう!

ちゃう!(あ、関西弁)

きょうりゅう!

展開が読めない!

まさか恐竜は氷河期で全滅したのではなく、もしやもしや、くさっちゃったの・・・???


なんて壮大に展開して行くのです。

人にはそれぞれに物語があるように、「くさる」にも物語があるのですね。


うんうん、勉強になりました。


「くさる」をお勉強したい方は是非エメラルドブックスまでお越しくださいませ。

くさらず待ってます。

うぷぷ。

お後が宜しいようで。

って全然おもしろくないっ!!!




エメラルドブックス店長

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

いとでんわ  

いとでんわって懐かしい。

20130516 (1)

ワタクシも幼少のみぎりに制作した記憶がございますが、使用したのは紙コップ。

それがワタクシの中でのメジャー。

というかそれ以外なんて考えたこともなかった。

しかし違うのですね。

ワタクシは無知だったのですね。

奥深い「いとでんわ」の世界。

20130516 (2)

どーゆー状態???

20130516 (3)

風船の隠されたパワー。

おそるべし・・・。

20130516 (4)

複雑怪奇いとでんわの世界。

あなたもきっと作りたくなる。




エメラルドブックス店長

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

入荷情報  

本日もチラホラと入荷がございます。


20130514 (1)

中川李枝子/作、大村百合子/絵「いやいやえん」

個人的もとってもナツい。

ちょっぴり感傷的になるくらいナツい。

20130514 (2)

「かわいそうなぞう」

これはかわいそうだ。

しみじみと悲しいのだ。

戦争は反対!!!

20130514 (3)

「セロひきのゴーシュ」

名作でありますね。


他にもイロイロ入荷しています。

西元町にお越しの際は是非エメラルドブックスにもお立ち寄りください。




エメラルドブックス店長

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

入荷情報  

本日もボチボチと入荷がございます。

20130507 (1)

「原色科学ブック ふしぎだな」

色んな不思議が解決できます。

20130507 (2)

「ベーロチカとタマーロチカのおはなし」

ロシアのお話。

20130507 (3)

名作「注文の多い料理店」

20130507 (4)

アンデルセンの「ナイチンゲール」

フローレンスではない方。

アンデルセンには珍しい中国が舞台のお話。


他にも多数入荷しています。

是非エメラルドブックスにお立ち寄りください。




エメラルドブックス店長

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

医者がキライ  

医者がキライだ!

いや、パーソナルな部分ではなく病院というあの白モノ建物がキライなのです。

病は気からということも、も少し念頭にいれればあのような白く無機質でやたらと空気清浄機が目立つような空間には仕上がらないのでは?と思うのはきっとワタクシだけじゃないハズ。

まず一歩足を踏み入れた時点で気が滅入る。

だからワタクシは基本、病院には行かない。

少しくらい治癒が遅くてもイイのだ。

そんな生活を長年続けているものだから、ワケあって今年多分突き指(だと思う)をしたのだけど、今ワタクシの右手の小指は第一関節から内側にひん曲がってしまっている・・・。

数日間お相撲さんの指のように膨れ上がり、赤紫色となり

「あ・・・、指がもげるのでは・・・」

と思いながら痛みに耐えること2カ月。

結果。

完治ではないけど、7割がた治った。

しかし指がひん曲がっとる・・・。

それでもワタクシはやっぱり病院に行けば良かったとは思わないのだ。

頑固者なのだね。

この場合ややマイナス方向な結果だけど、まぁ、そんなこともあるさ。

ハッハッハ。


だけど良い子のみんなは病院に行かないとダメだよ。

こんな優しい先生だっているのだからね。

20130505 (1)

「テディ・ベアのおいしゃさん」

ワシが治しちゃる。

20130505 (2)

「ドアがあいて・・・」

ワシらを治してケロ・・・。

20130505 (3)

「わにさんどきっ はいしゃさんどきっ」


はっ!

書いてて気づいた。

人間相手のお医者さんがいない・・・。




エメラルドブックス店長

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

入荷情報  

チラホラと古書が入荷中です。

20130502 (1)

松谷みよ子の名作「オバケちゃん」

20130502 (2)

「木の精のふしぎなキス」

味のある表紙イラストがステキです。

20130502 (3)

難解なのか、抽象なのか・・・「もけらもけら」

正解はJAZZ!

JAZZ界と絵本界の邂逅であります。

20130502 (4)

「あたまのうえにりんごがいくつ?」

イラストかわいい。

20130502 (5)

「みつけたものとさわったもの」

ワタクシは裏表紙のほうがスキ。

20130502 (6)

あなたはどっち派?


他にも多数入荷しています。

西元町に用事ない?

もし用事があったら、ついでにエメラルドブックスへもお立ち寄りください。

むしろ用事がなくて来てくれたら、それはそれはスンゴク嬉しいのです。

11時から19時まで、あなたをお待ちしています。




エメラルドブックス店長

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

エメラルドブックス

最新記事

月別アーカイブ